セルフオーダーシステムの役割

セルフオーダーシステムランキング > セルフオーダーシステムの役割

セルフオーダーシステムの役割

セルフオーダーシステムの役割としてお客様へのメリット、ホールスタッフ(店員)へのメリット、店舗オーナー(経営者)へのメリットの大きく3つが考えられます。 この3者にメリットのある、まさに三方よしのシステムこそセルフオーダーシステムです。 この3社のメリットをお客様心理と店舗心理の2軸から分析すると下記の様な図式になります。

まず、お客様めのメリットとして、お客様心理は下記の図の様になっています。 これをセルフオーダーシステム導入によって的確に汲み取ることで顧客満足度上昇、売上UPを見込めます。

お客様心理

特に重要視されるのが、ホールスタッフを呼ばなくても、自分で注文できる店、欲しい時にすぐに注文できる点にあります。 これによって、なんとなく欲しいかも・・・という商品に関しても気軽に注文をしてしまったりする事で客単価のUPなども望めます。

ついで、店舗の課題からメリットを抽出すると下記の様なイメージになります。 店舗の課題も、 セルフオーダー端末を利用する事で運営効率UP、売上UPが見込めます!

店舗の課題

特に重要視されるのが、オーダー業務をセルフオーダーシステムに任せるという点です。 これによって人件費の大幅な削減が可能になります。 この人件費はメーカーさんのデータの集計より概ね30%程度の低減が可能になります。 アルバイト人員の確保、教育など頭を悩ませている部分をセルフオーダーシステム導入で大幅改善が期待できます。